アダルトアフィリエイトでWordPressを勧めるのは「引越しできる」というリスクヘッジのため

運営上のいろんな問題がニュースにもなったFC2社の運営する、FC2ブログ。
また、最近特にアダルトコンテンツの規制が厳しいライブドアブログ。

アダルトコンテンツOKな無料ブログのツートップの状況を踏まえ、今後アダルトアフィリエイトを行うにはどうすればいいのか?というのを考えてみたいと思います。

今後アダルトブログを運営するなら?

①FC2ブログやライブドアブログを使う
現時点ではまた、これらのブログサービスでも大丈夫でしょう。ただしライブドアブログは基準が不明なので、オススメはFC2ブログです。もちろん今後の展開は全くわかりませんが…。

②それ以外の無料ブログを使う
この二つ以外にも、無料ブログでアダルトコンテンツの制限がないものはあります。アダルトアフィリエイトで使える!数少ない無料ブログサービス紹介のページを参考に。

ただこのあたりのサービスは、FC2ブログ以上に先行き不明です。サーバーも強くないようですし…メインブログにするのは適切とは言えません。

③レンタルサーバーで運営する
というわけで結局、既存のブログサービスではなく自身でレンタルサーバーを借りるのをオススメします。独自ドメインを取得してWordPressをインストールし、ブログ運営を続ける形です。

なぜWordPressで運営するのか?

先日こんな質問を受けたのですが、ちょうどこの記事にいいので紹介します。

「無料ブログよりもレンタルサーバー+独自ドメイン+WordPressというのをよく聞くけど、なぜなのか?」
「レンタルサーバーもサービスが停止するリスクはあるのどから、ブログサービスを使っても一緒じゃないのか?」

たしかに、無料ブログにおける「ブログサービス終了の可能性」というのは、私も実際にDTIブログで同じ目にあっているので、怖さは承知しています。

レンタルサーバーの場合「独自ドメイン」を購入の上で設定し、WordPressをインストールして使います。もちろんサーバーサービス終了のリスクはありますが、そんな場合は独自ドメインごと他のサーバーに移転することができ、以前と同じURLでブログを再開することができるのです。

これが無料ブログサービスの場合、URLはブログサービスが所有しているものなので、他に移転したらそのURLは持っていけないですよね。そこが最大のリスクなのです。

移転すると、被リンクや評価がゼロからのスタートになってしまうということで、「サービス終了」という事態になった場合のリスクは、無料ブログの方が圧倒的に高いのがわかると思います。

※携帯電話を他社回線にするとき、今はMNPにより電話番号を持っていけますよね、これがWordPressブログみたいなもの。
そして昔のように、他社に行ったら番号も変わってしまうので知り合いにまた教えないといけない。これがブログサービスみたいなものです。

というわけで、レンタルサーバーとWordPressの組み合わせを勧められるのは、細かい部分もありますが結局は「引越しできるか否か」の部分が大きいのです。WordPressというのはどこのレンタルサーバーにでも入れて使うことができるので、何かあっても移転すればどうにでもなるということです。

最後に…。
当然、レンタルサーバーでもアダルトコンテンツ不可のサーバーもあるので要注意です。というか、ほとんどのサーバーがアダルトコンテンツを禁止してますね。

というわけでアダルトOKなレンタルサーバーは下記にまとめていますのでご参考に。

アダルトアフィリエイト向けレンタルサーバー紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です