アダルトアフィリエイトに情報商材はいらない!「役に立たないから売っている」のです!

このブログを読んでいる方は「アダルトアフィリエイトで稼ぎたい!」という思いの人が多いでしょう。そりゃそうですよね。

しかし、人によってその考え方はさまざま。小遣いのプラスになれば…という人から、サラリーマンの給料よりも稼ぎたいという人もいるでしょう。

皆さんおそらく「アダルトアフィリエイトをしたい」という動機ではなく、

稼ぎたい!
→副業をしよう
→ネットを使うのが効率的
→アフィリエイトがいい
→特にアダルトジャンルが稼ぎやすいらしい

という流れで「アダルトアフィリエイトで稼ぐ!」という考えに行き着いているはずです。

そこまでの考え方は、間違っていないと思います。私もアダルトアフィリエイトに注目した流れはそうでしたから…。

そして行うのは、アダルトアフィリエイトに関する情報収集です。アフィリエイトの仕組みから方法、世の中のアダルトアフィリのトレンドまで。

そして、大まかな流れが見えてきます。

①情報発信するメディアを作る
②集客する
③マネタイズする

この三段階の流れです。
そして①の中で一番効率のいい「ブログ」を作り、②をコツコツ行う。③についてはブログ構築段階から意識しておき、そのうち花開く。

シンプルに考えると、これだけです。
そして、私の場合は①②③のやり方を、ある程度ネットで情報収集しつつも実際に試行錯誤を繰り返して行っていき、ある程度はモノにできたと自負しています。

そんな中、こういうノウハウを有料で販売している人がいます。または作業を効率化するとの触れ込みで、さまざまなツールを有料で販売していたりします。

それが「情報商材」というものです。

例えば2万円前後する「A◯◯P」や「フォ◯◯◯◯ィック」といったいろんなツール(これはほんの一部。ネット上には大量にあります)。また「放ったらかしで月収○○万円」のような売り文句の商材。

これが「意味がない」とは思いません。私は買ったことはありませんが、これを使うことにより稼げたという人も多分居るのでしょう。

しかし、冷静に考えればわかります。
「放ったらかしで毎月100万稼げるやり方を発見したなら、そのノウハウをたかだか数万円でばら撒いたりしないよな。」「そのやり方で稼ぎ続けるはず」。

結局、そういったもので、キャッチフレーズ通りに稼げる可能性は限りなく低いと考えられます。販売者自身、そのノウハウを使って稼ぐよりも、ノウハウを売ったほうが儲かると考えているのですから。

・そもそも稼げるわけがない内容
・過去には通用したけど、今は通用しないテクニック
・理屈はわかるが実際に行うのは現実的ではない

こんなノウハウが横行しているのは、そういうものを欲する人が居るからです。そもそもですが、そういった情報商材にコロっと騙されてしまう人は、アフィリエイトに向いていないのかもしれません…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です