カリビアンコム運営グループの男が逮捕。今後のアダルトアフィリエイトはどうなる?

大変ご無沙汰しています。
前回の投稿が2月9日。
一ヶ月以上ぶりの投稿となります。

この間、非アダルトのアフィリエイトやブログなどに力を入れており、正直なところ、アダルトアフィリエイトについては全くの放置状態でした。

・・・と書くと、ここ最近のアダルト界隈のニュースなどによりアダルトアフィリに見切りをつけたのか?と思われそうですが、そういうわけではないです。何というか、アダルトアフィリエイトに対するモチベーションが下がっていたという表現がいいかもしれません。

これはニュースの影響とかとは全く関係なく、それ以外のブログやアフィリエイトといったところに夢中になっているから、ということです。今後どうやって手がけていこうかなということでいろいろ戦略を練ったりしています。

アフィリエイトにも「波」があります。
ニュースや周りの状況などの「外的要因」ももちろんありますが、単純に自分のモチベーションという部分も大きいです。特に理由がなくてもモチベーションが低くなる事もあり、また逆にやる気でみなぎる事もある。人間ですから!

まあ、こうしてやる気もなく放置していてもある程度の報酬が発生しているので、それがアダルトアフィリエイト最大の魅力でもあります。もちろんアダルトアフィリエイトは重要な収入源なので、収入が途切れないようにはしていきたいですね。

とはいえ、ここ最近のニュースは一応仕入れてはいます。
一番驚いたのはこれ。

「カリビアンコム」運営を初摘発 無修正AVを配信した疑い

無修正のわいせつ動画を配信したとして警視庁は、動画配信サイト「カリビアンコム」を運営するグループの社員でアメリカ国籍の34歳の男を逮捕したと、3月9日に発表した。わいせつ電磁的記録等送信頒布の疑いが持たれている。朝日新聞デジタルなどが報じた。

「カリビアンコム」は無修正動画を配信しているとして問題になっていたが、運営会社やコンピューターサーバーがアメリカにあって摘発が困難だった。「カリビアンコム」運営側が日本で逮捕されたのは初めてとみられる。

毎日新聞は警視庁保安課からの情報として、男はアメリカから旅行で沖縄県を訪れたところを逮捕されたと報じた。

産経ニュースによると、カリビアンコムはカリフォルニア州の複数の企業でつくる「DTIグループ」が運営。サープ容疑者はこのうちコンテンツ制作会社「メディアクリエーションテクノロジー」に所属していた。サープ容疑者は撮影した動画を、配信用に圧縮する作業などを行っていたという。

制作会社が逮捕されたというのは以前記事にもしましたが、カリビアンコムの運営グループの社員というから穏やかではありません。しかもこの人はアメリカ人であり、旅行で沖縄にきたところを逮捕されたと・・・??
そんなことがあるんですね・・・

カリビアンコムといえばアダルトアフィリエイトの総本山といってもいいでしょう。
ここが今後何かあれば、収入に大きく影響があるという人も多いでしょう。今後のニュースにも要注目です。

というわけで本日はここまで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です