韓国でも海外サーバーを使った巨大アダルト掲示板がピンチに

前回の記事で海外サーバーについて書いたのですが、お隣の韓国でも同じような問題がおこっているようですね。

韓国最大のアダルトサイトがついに閉鎖!? 米国を味方につけた警察の捜査から逃れられるのか

 100万人にも及ぶ会員数を誇る韓国最大のアダルトサイト「ソラネット」(参照記事)が、閉鎖の危機を迎えている。以前から韓国の2ちゃんねる「イルベ」とともに“ネット上で最も厄介な存在”と、国家機関から目をつけられていたソラネットだが、今日まで海外にサーバーを置いて、URLを頻繁に変更しながら生き延びてきた。しかし、今回ばかりは難しいのかもしれない。

 11月23日、カン・シンミョン警察庁長は国会で、「現在、捜査に着手しており、今回は根本的な解決のために、(サーバーが置かれている)アメリカ側と協議して、サイト自体の閉鎖を検討している。アメリカ側とも原則的な合意がなされている」と明かした。これまでとは違う、本格的な捜査が入る見通しだ。

(中略)

 警察は今年5月、ソラネットにエロ動画を600件アップした37歳の男をはじめ、ソラネット会員8人を立件するなど、本気の姿勢を見せている。今後、運営者に捜査のメスが入ることは確実だろう。当局が過去の教訓を生かして、サーバーが置かれたアメリカとも連携するとなれば、今度こそ完全閉鎖となるかもしれない。
 
 はたして、ソラネットは警察の捜査から逃げ切れるのだろうか? アクセス制限するしかなく、“治外法権”とされる海外サーバーに、当局がどう立ち向かうか注目したい。

「ソラネット」って、はじめて聞きましたが日本では有名なんでしょうか?2ちゃんねるのような巨大掲示板のようで、画像の投稿がものすごいとのこと。

海外サーバーを使っているので無法地帯といった問題のようです。

まあこれはビジネスとして大きな規模でやっているのですが、どこの国でもこういう問題はあるのですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です