ビットコインとアダルトアフィリエイト(目的と手段を分けて考える)

ここ数ヶ月はメンテナンスも行わず完全に放ったらかしだけど、安定して収入が発生しているのがアダルトアフィリエイトの強みである。

なぜ放ったらかしになっているのか?
今、仮想通貨にドップリ浸かって勉強しているためだ。

ビットコイン」というのを聞いたことがあるだろうか?。ビットコインというのは仮想通貨の代表的な1つであり、ビットコイン以外にもたくさんの通貨が存在している。

このブログはアダルトアフィリエイトに関して書いているが、みなさん基本的にサラリーマンの「副業で稼ぎたい」という思いが根底にあるはずなので、「ビットコインとアダルトアフィリエイト」について書いておく。

私の仮想通貨投資

まず私の話から。
2017年頭にビットコインを試しに買ってみたのがスタート。あまりにも順調に資産が増えていくので、増資しつつも他の仮想通貨(イーサリアムなど)も購入していった。

3月くらいまでで増資完了。
今の保有時価総額は、投資額の10倍程度となっている。

これを読んで「ウソでしょ?」と思う人もいるはずだが、仮想通貨の価格推移をネットで調べれば納得するはず。

ビットコイン(BTC)の年間推移がこちら。
年初の10万円の頃に買っていれば、5倍になっている。

ビットコインは仮想通貨の中でも基軸通貨と言われている。比較的安定しているのが魅力。

こちらはビットコインに次ぐ流通額のイーサリアム(ETH)の推移。いろんなプロジェクトのプラットフォームとしての機能が充実している。

年初1,000円ちょっとだったのが、36,000円。36倍!
ちなみに少し前は45,000円とかだった。

もう1つ。
NEMという仮想通貨で、単位はXEM。日本での人気が高い。これは今年の頭頃までは1XEM=0.7円程度だったのが今は33円!

実に50倍近くも上昇している。
0.7円という見た目の安さもあり、これを大量購入していたのがよかった。

推移を見ればわかるように、2017年4月の法律改正を経て、仮想通貨全般が5月に恐ろしいほどの高騰を見せた。このタイミングを体感している人は、みんな資産が増えたはず。

アフィリエイトと仮想通貨

仮想通貨を購入する資金は、もちろんアダルトアフィリエイトで稼いだものだ。
(こんなの妻に話してお金を出してくれるわけがない)

好奇心で試しに投資してみたのだが、仮想通貨という将来の通貨を知り、色々と勉強しているところだ。

そして、仮想通貨の情報発信によりGoogleアドセンスやアフィリエイトによる収入も得られている。 特に、仮想通貨を購入する「取引所」のアフィリエイトは報酬もかなり良く、それだけでもかなりの報酬を得ることができている。
(株式投資で言うところの、証券会社みたいなもの)

アダルトアフィリエイトで継続報酬を稼ぎつつ、その資金を新しいジャンルに投資して増やし、またそのジャンルのアフィリエイトで稼ぐ、という、絵に描いたような好循環が出来上がった。

いろんなジャンルにアンテナを貼ろう!

この記事は、仮想通貨を進めようとして書いているわけではない。

アダルトアフィリエイトが「目的」になっている人は多いだろう。しかし、本来は「副収入を得たい」といった目的に対しての「手段」の1つに過ぎなかったはず。

もちろんアダルトアフィリエイト自体は継続しつつも、それで得た資金を転用してさらなる資産を構築することもできるし、アダルトアフィリエイトが自分に不向きだと思ったらさっさと他のことに目を向けるべきでもある。

私にとって「投資」というのはその手段の1つであり、その投資品目の中で仮想通貨が当たったから、さらに勉強しているだけだ。

仮想通貨とアダルトアフィリエイト

勉強していくにつれて感じたこと。
仮想通貨とアダルトアフィリエイトというのは、親和性が高いと思う。

国内ではDMM.comがビットコイン払いに対応しているし、海外でもいくつかのアダルトサイトでビットコイン払いが可能なサイトがあるようだ。

ビットコイン払いの特徴は、国境を超えた決済が可能になるということ。例えば海外サーバーを使って日本人向けに動画を配信している月額制のアダルトサイト。これ、日本人はもちろんだが外国人にも人気が高いらしい。
(日本人女性は海外でも人気)

こういったサイトがビットコイン払いに対応したら、今以上に海外利用者が増えるだろう。そう考えると、今まで日本人の利用者向けのアフィリエイトで得ていた報酬の可能性が、世界に広がる。

もちろん外国人向けのアフィリエイトサイトを作っている人もいるだろうけど、決済の幅が広がるのは大きなチャンスだよなぁ…と考えている。

そんな時、アダルトアフィリエイトのことしか知らないと、話についていけない。
また、仮想通貨のことしか知らないと、それもまたついていけない。

やはり様々な分野の知識というのは、無駄にはならないわけだ。

というわけで、仮想通貨に興味を持った人は、試しに1万円だけでも買って見ればよくわかる(買わないとわからない)。

ちなみにビットコインが今、1BTC=50万円。しかし購入は小数点単位でもできるので、1万円でも取引は可能。

一番オススメな取引所は、Coincheck(コインチェック)だ。とっつきやすいスマホアプリもあり、女性も参入してきている。取扱いコインの種類も多い。

ちなみにこの記事冒頭で紹介したビットコイン等の推移表は、このアプリの画像だ。

もう1つアカウントを開設しておくなら、Zaif(ザイフ)だろう。運営母体のテックビューロ社はNEMにも大きな関わりがあり、つい最近もCOMSAというサービスを発表している。ここは「指値注文」ができるので助かる。
(細かいことは買うときに勉強!)

いずれも日本法人による取引所で、安心して取引できる。もちろん私も利用中。

今後仮想通貨の普及は、アダルトコンテンツも絡んでくると思うんだけどなー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です