ブログ記事の外注化で加速するアダルトアフィリエイト

アフィリエイトで稼ぐにも、どうしても一人だけだと限界があります。1日24時間、そのなかで副業であれば作業できてせいぜい1〜2時間程度でしょう。言ってみればみんながそういう条件の中で、人よりも抜きん出るにはその時間をうまく使うしかやり方はありません。

その中のやり方の1つとして、「外注化」という方法があります。一部の作業を外注することで、こちらの作業時間を短縮するというものです。

特に、記事のライティングの外注というのがよくあるパターンです。

外注化により得られるもの

ブログは記事の本数と文字量が命、と言われます。しっかりとしたボリュームのある記事を投稿していくことでアクセスを集めていく必要があります。

その「記事を書く」のを依頼できるというだけでかなり作業時間は短縮されます。もちろん外注するのに費用はかかりますが、それ以上に稼げばいい話です。

こうして外注をうまく使って行く事で、あなたのブログの体力を付けていくことができます。

外注化の懸念事項

そんな外注化ですが、気をつけておかなければならないことがいくつかあります。

記事の外注化は基本的に、文字単価(1文字0.3円位でしょうか…)を設定した上で依頼をします。要するにたくさんの文字を書けばいいので、どうしても内容は二の次になってしまいます。

文章のクオリティーは期待できないと考えたほうが無難ですが、気をつけなければならないのはコピペ問題です。どこからかコピペしてきたものを納品されてしまうと、Googleでパクリと判断されてSEO的にマイナスになるというリスク。

これは怖いです。
いつのまにか自身のブログがコピーコンテンツだらけになってしまうということです。

ランダムにGoogle検索をかけるでもいいし、今はそういうチェックツールも存在しているようですので、何かしらのチェックは必ず行いましょう。





というわけで、今後成長して行くには「記事ライティングの外注」という手段がある、ということを、まずは頭に入れておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です