アダルトアフィリエイトのブログで、日本語ドメインを使うべきか?

日本語ドメインって皆さん使っていますか?
10年くらい前から登場したと記憶していますが、登場したころはSEOに有利というような声もあり結構普及したのだと思いますが、最近はあまり目立って使っている人も少ないようです。

一応説明しておきますと、ドメインは通常「nihongo-domain.com」のような英数字で成り立っているのが普通です。それが「日本語ドメイン.com」のように、日本語で構成されているのが日本語ドメインというものです。

日本語ドメインを試してみた

この日本語ドメインですが、私も以前テストとして、一つ導入してアダルトアフィリエイトを実施してみました。他のブログと同様に記事を投稿し〜という手順を踏んで1年くらい運営したのですが・・・

正直、SEO的な観点ではドメインは英数字でも日本語でも変わらない、というのが正直な感想です。全く同じ条件で比較実験をしたわけではないのですが、特に目に見えてアクセスが上がったとか下がったとかは感じられませんでした。

しかし、これはあくまで「SEO」という観点での話ですが、Google等の検索エンジンからの評価以外にも重要な要素はあります。SEO以外の面でメリット・デメリットを考えてみましょう。

日本語ドメインのメリット

ドメインが覚えやすい
基本的なところですが、当然日本語なので覚えやすいです。通常、ドメインをアドレスバーに直入力ってあまり考えられないと思いますが、日本語ドメインであれば覚えやすいので直接入力してもらえる可能性も高くなります。

日本語ドメインのデメリット

Punycodeエンコードが必要

Wikipediaより。

Punycode(ピュニコード)とは、国際化ドメイン名で使われる文字符号化方式で、RFC 3492 で定義されている。Unicode で書かれた文字列をDNS内の制限された文字コード空間でも使えるようにするための方式で、ユーザーエージェントの実装に依存する。

んー、よくわからないですね。
例えば「ドメイン名例.jp」であれば「xn--eckwd4c7cu47r2wf.jp」からエンコードした日本語ドメインです。日本語ドメインは当然日本でしか使えないので、例えば海外サーバーでの設定であればエンコード前のドメインを使う必要があります

今は特に気にする事はありませんが、このあたりの仕組みは把握しておく必要があるでしょう。ブラウザやCMS等によってはうまくえんこーどされない可能性もあり、SNS拡散等においても注意が必要です。

アクセスしたくなる?疑問。
あとは素朴な疑問というか、、、
先日、アフィリエイト友人とイロイロ話をしていて「なるほど」と思ったのですが、例えば検索結果でも結構ですしリンク集でもいいのですが、URLがズラっと並んでいて、日本語ドメインのものをクリックしたいとあまり思わないという意見。

みんながそうとは限らないですが、確かに言われてみれば避ける傾向にあるかもしれません。おそらく日本語ドメインってアフィリエイトサイト臭い印象があるからじゃないでしょうか?

なので、変に主張してしまうURLというのはあまり良くないんじゃないかと…

英数字のドメインが無難

結論!
もし今からドメインを新規で取得するのであれば、英数字の通常のドメインにしておきましょう。日本語ドメインは今後人気が出るとは思えません。インターネットで世界中のユーザーがアフィエイトのお客様になる可能性がある中、日本語ドメインを使うのはもったいない気がします。

今後のドメイン取得の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です