無料ブログでアダルトアフィリエイトをするのは大きなリスクである!

何かと風当たりが強いアダルトアフィリエイト。他の記事でも書きましたが、無料ブログサービスでは実質FC2くらいしか使えないのが現状です。

下記ページでFC2ブログ以外も紹介していますが、メインにするには怖い…

アダルトアフィリエイトで使える!数少ない無料ブログサービス紹介

なぜ無料ブログサービスはアダルトをイヤがるのか

なぜほとんどのブログサービスで「アダルトコンテンツ禁止」なのか?それはもうこの2つに集約されるでしょう。

企業イメージを守る
大手企業だったりイメージを大事にしている会社は、アダルトブログサービスを運営することによるイメージ低下は避けたいですよね。
ライブドアがプロ野球参入しようとした時、livedoorブログがアダルトブログを多数運営していたのがネックになったというのが象徴的です。

管理負荷がかかる
特にアダルトブログだと、非アダルトに比べ日本の法律に触れる投稿が行われる可能性も高いので、管理・監視負荷がかかります。
ウェブ上の違法コンテンツについては、投稿者だけでなくサービス提供者(サーバー管理者)も逮捕される例が最近多いため、リスクが高いのです。

アダルトブログが可能だったサービス

かつて「DTIブログ」という無料ブログサービスがありました。名称の通り、アダルトASPの大手・DTIアフィリエイトが運営していたブログサービスです。

DTIなだけありアダルトコンテンツもOKで、DTIアフィリエイトのバナーを簡単操作で貼れたりと使い勝手がよかったのですが、2013年にサービス終了しました。

※厳密に言うと、系列のアダルトチャットのパフォーマーや高額報酬を得ているアフィリエイターは継続できたようです。

増大する管理負荷と割りに合わない人たちを排除した形ですね。無料ブログでアダルトOKとなると、サテライト的な使い方もされていたはずですから…

また、2015年春に、Googleの無料ブログサービス「blogger」がアダルトコンテンツを禁止としました。bloggerについては日本ではあまり普及していなかったのと、アダルトOKというのを明確に打ち出していたわけではないので、アダルトアフィリエイト用途で使っていた人はあまり多くなかったかもしれません。

無料ブログサービスのリスク

ブログに限らずウェブサービス全般に言えますが、サービス提供者が絶対です。「サービス停止」と言われれば停止なのです。

そうなった時に、コンテンツ自体はバックアップを取ることで守れますが、あなたが頑張って広めてきたURLはあくまでブログサービス提供者のものですから、移転したら使えなくなります。

別のブログサービスやWordPress等で移転オープンしても、URLは変わります。これってアフィリエイトの面ではかなりのマイナスです。広めてきたブログURLが使えなくなるのですから!

以上、DTIブログの閉鎖により無料ブログのリスクを身をもって知った私からのメッセージでした(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です