2016年のアダルトアフィリエイト動向について

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2015年は、前回記事を書いた通り12月に抜群の伸びを記録し、いい年越しを迎えました。

アダルトASP・グローバルキャッシュの報酬が急上昇した理由

そしていよいよ2016年が幕を開け、今年はどうしようかなぁとぼんやりと考えているところです。

Google検索経由のアクセスがカギ

今まで、何より検索エンジンからの流入に対して一番力を入れていました。そして、それは間違っていなかったと確信しており、また同時に今後もよりその方向性を強めていくべきと、考えています。

検索エンジン(=Googleと言って差し支えないでしょう)からのアクセスに頼りすぎるのはリスクがあるとも言われます。アクセス流入元をGoogleに握られてしまうのは、ある日検索順位が落ちてしまうと太刀打ちできなくなってしまうということになるためです。

もちろんそういったリスクヘッジのためにもSNS展開やアクセストレードといったところも力を入れる必要はあります。しかし、結局は検索経由のアクセスほど質の高いアクセスはありません。検索からのアクセスを重視してブログ運営していくことでブログに対する評価も上がり、自然と被リンクも増えていくはずです。

「検索上位表示される=質の高いブログを作る」という考え方で間違いないでしょう。今更ブラックハットSEOなんていう時代じゃありません。

広く浅くよりも「濃い」アプローチ

前述の「検索エンジンからのアクセス」にも関係しますが、狭く深くのブログが評価される時代であり、今後ますますこの傾向は強くなるのではと考えられます。

これについては、百貨店と専門店の比較でよく例えられます。
何でも揃う百貨店的なサイトというのは、お金を持っている業者に勝てるわけがない。
勝つためにはタダ一つ。ニッチなジャンルを攻めるしかないということです。

専門店に求められるのは、そのジャンルに専門特化した品揃えと知識。これは資本がなくても何とかなります。ターゲットとなる人は当然絞っている分少ないですが、その少ないターゲットにピッタリ当てはまるものを作る事が出来れば、リピーターも増えるはずです。

結局は地道な努力の積み重ね

今年の目標というのは特にないのですが、結局は地道に記事を蓄積して行くのが一番のSEO対策であり、アダルトアフィリエイト(アダルトだけじゃないですが)に必要な要素だということです。当たり前のことですが、このあたりを改めて意識して一年間頑張って行きたいですね。

がんばりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です