アダルトアフィリ用のクリック保証広告は、誤クリックが多い?広告を貼るコツについて

アフィリエイト広告と並んで大きな収入源となる「クリック保証広告」。特にスマホ向け広告としては非常に「使える」ものです。

特にアダルトアフィリエイトではパソコン向けのコンテンツが多いので、PC向けとスマホ向けでテンプレートを分けるのは必須ですよね。そしてスマホ向けのテンプレートに貼る広告として、クリック保証広告は外せません。

そんなスマホ(モバイル)向けのクリック保証広告についての記事を、ギズモードで見つけました。

Googleいわく「タップされたモバイル広告のうち半数は意図せずタップされたもの」

スマートフォンやタブレットのディスプレイは大型化していますが、比較的大きなディスプレイでも読む気のなかった広告をうっかりタップして別タブが起動してしまう……、といったことは今や誰でも身に覚えのある経験です。Googleによると、こうしたモバイル広告のタップ率のうち「最大50%は意図せずタップされたもの」であると発表されており、モバイル端末におけるタップの品質向上のため、不要なタップを防止できる広告対策機能を導入しました。

この文章に続いて、Googleアドセンスが導入した広告対策が書かれていたのですが、アダルトアフィリエイトではGoogleアドセンスは使えないので省略。

要は「モバイル向けの広告は間違ってクリックされるのが半分くらい」ということです。これはユーザーの観点で見るとものすごくわかりますよね。

それもそのはず。
広告が表示された際に、パソコンに比べてスマホの方が画面の専有率が圧倒的に高いのです。スマホの300×250サイズの広告なんか、スマホ画面の半分近くを占めます。

なので、目的のボタンをタップしようとして「つい広告バナーに指が当たってしまった」という確率はPCよりは高いはずです。オーバーレイ広告(画面をスクロールしてもついてくる広告)なんてまさに!ですよね。

なので、アフィリエイターとしてはなかなか難しいんです。クリック保証広告の扱い方が。もちろんたくさんペタペタ貼ればその分クリックされる可能性が高まりますが、ユーザーにとっては邪魔くさい。ページ移動などのよくタップされそうなボタンをクリック保証広告のバナーで挟んでしまったり、ユーザーの誤クリックを誘う方法はいくらでもあります。

ただ、そればかり追求してしまうと結局は「閲覧しにくいブログ」になってしまうので、長い目でみるとあまりお勧めできません。

というわけで、ユーザビリティという観点は常に意識しつつ「適度な量で」クリック保証広告を導入するのがベストです。そして、複数のASPを併用することで様々な広告が出るようにしておきましょう。

当ブログではアフィリエイトASPと共に、クリック保証広告を扱っているオススメの3社を紹介しています。下記リンク先ページの下の方にありますのでご覧ください!

アダルトアフィリエイトASP一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です