法律違反?アダルトアフィリエイトにおける無修正はルール違反なのか?

以前もブログに書きましたが、アダルトアフィリエイトをしている友人が居て、時々情報交換をしています。

その友人と先日話をしていたところ、アダルトアフィリエイトに関連する法律について曖昧な解釈だったのでいろいろと伝えました。

幸い、現時点で運営しているサイトは問題なかったようです。しかし、認識が間違っているといつか無意識に法律違反をしてしまうリスクがありますので、やはりきちんと把握しておく必要がありますよね。

というわけで、友人もこのブログを読んでいますので、覚え書きとして(笑)ここにまとめておきます。

「無修正」コンテンツについて

いわゆる「無修正」な画像・動画については、日本の法律で公開を禁止されているため掲載してはいけません。

まあ、これはみなさん理解していますよね。その上で、問題はここから。

リンクの貼りつけ

無修正コンテンツを掲載しているサイトにリンクを貼ること自体は、特に問題ありません。なのでよくある無修正動画配信サイトのアフィリエイト広告も特に問題がありません

※もしこれがアウトなら、そもそもがYahoo!もGoogleもアウトです。

記事内への動画の埋め込み

FC2動画やXVIDEOSといった動画サイトにある無修正動画を記事に埋め込むのは、アウトです

この場合、実際に無修正動画のデータがあるのは他サイトですが、実質的にコンテンツが公開されているのが自身のブログとなるので、アウトという考え方です。

似たようなパターンとして、アダルトアフィリエイトASPが提供している広告バナーに無修正画像が写り込んでいる場合。これもアウトです。

掲示板やコメント欄に投稿された場合

自身が設置した掲示板や、またはブログのコメント欄。これについては他人が投稿したとしても管理責任が自身にあるので、アウトです

海外サーバーを使用している場合

海外に設置されているサーバーであれば日本の法律は適用されないから問題無い、とよく聞きますが、これを日本で運営しているのであればアウトです

「サーバーの設置場所」ではなく「運営している場所」です。なので、日本人がアメリカに住んでアメリカのサーバーに無修正動画をアップロードするのはOKということです。いわゆる動画業者はそういう形態を取っているのですが、この理屈で運営していた「海外法人」であるFC2は、実際の運営が大阪だったということで騒動になっていたのです。

取り扱うコンテンツには気をつけましょう

以上、こうした無修正コンテンツにおいて誤解がありそうなものを、かいつまんでまとめました。もしそういったコンテンツを扱う場合はくれぐれも気をつけましょう。

個人的な意見ですが、こうした無修正コンテンツのニーズは高いのかもしれませんが、こういったものを取り扱っているところは無数にあるので個人レベルでこの分野で競うのも勝ち目は薄いです。

他の記事にも「ニッチな分野の専門店」というコツを書きましたが、こういう無修正といったコンテンツに頼らない方向性を探して行くべきです。
(なので、無修正コンテンツを扱えないことはそれほど問題でもないと考えます)

もちろん無修正以外にも気をつけるべきところはいろいろありますが、そのあたりはまた…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です