1PVあたりの収益性が低いアダルトアフィリエイトが稼げる理由とは?

このブログではアダルトアフィリエイトのことについて日々書いていますが、ちょっと誤解を生んでいる可能性があるなぁと思い、今回投稿しています。

「アダルトアフィリエイトは稼ぎやすい」という文章。

これにはいろんな意味が含まれていますが、基本的には非アダルトジャンルのアフィリエイトと比べて稼ぎやすいというニュアンスで書いてきました。


その理由としては
・売上に対する報酬率の高さ
・継続報酬
・人間の欲望を刺激

といったところです。
しかし、これは間違いではないのですが、そもそもの前提を忘れていました。

それはアダルトジャンルブログの方がアクセスを集めやすいということです。

同じだけの作業量や知識を駆使すれば、非アダルトに比べてアダルトジャンルの方がPVが上がります(普通は、です)。だから結果的に稼ぎやすいという側面を忘れてはいけません。

というのも、先日ネットをいろいろ見ているとアダルトアフィリエイトについてこんなことが書いてありました。

1PVあたり0.05円稼げればかなり良い方で0.05円以下となるのが普通だ。これは月に600万PVを稼いでも、月30万円の収入にしかならない事を意味している。

もちろんアダルトアフィリといってもいろんなやり方があるので参考程度でしかありませんが、一般ジャンルのアフィリエイトであれば、これだけのPVを集めれば報酬はここまで低くありません。

例えばGoogleアドセンスで月に30万円稼ぐなら、人にもよりますが月に50万円〜100万PVあれば十分と言われています。

これだけを見ても、1PVあたりの収益性はアダルトアフィリエイトより非アダルトジャンルの方が高いことはおわかりいただけるでしょう。

ただ「アダルトブログの方がPVを集めやすい」ということを頭に入れておいてください。
それを踏まえてアダルトを避けるのも良いですし、逆にアダルトでPVを集めまくってやろうと頑張るのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です