4 どんなサイトを作るか考える

アダルトアフィリエイトにおいて一番肝心なのはやはり、WEBサイト作り。要はアダルトサイトを作成し、そこに広告を貼って集客をするわけですから、どんなページを作るかというのは非常に重要です。

どんな内容にするか

アダルトアフィリエイトを行うにあたり、どんなサイトを作ればいいのか?

結論から言うと、正解はありません。

ものすごくハイクオリティなデザインのサイトでも全然集客ができなかったり、逆にショボいサイトでもビックりするような売り上げを叩き出していたり。見た目ではわからないのが面白いところでもあります。

ですのでいろいろ考えたり実験したり、またはいろんなサイトを見て参考にしたり、場合によっては全く別のジャンルのサイトをヒントに成功するかもしれませんし…

そうやっていろいろ試行錯誤していくことで、あなたの中の正解が見えてくるかもしれません。

後発の個人アフィリエイターが稼ぐには?

WEB上には無数のアダルトサイトがあり、たくさんのアフィリエイターが競っています。そんな中で後発のアフィリエイターが稼ぐにあたり気をつけること。

ニッチなジャンルに特化する

これに尽きると思います。
我々のような個人の副業レベルで場合到底、多額の資本で大きく展開する百貨店にはなれません。

なので目指すべきは「専門店」なのです。

何においても、マニアは百貨店ではなくその筋の専門店で買います。例えば鉄道マニアの人は、百貨店のおもちゃ売り場ではなく鉄道模型専門店に行きます。

しかもその専門店が狭く深く追求しているようなお店だと、ハマる人にはドンピシャでリピーターになってくれるでしょう。専門店の良さは、特化しているからこその商品の取り揃えと豊富な知識です。

リアル店舗であれば(商圏の問題で)成り立たないようなマニアックすぎるお店も、インターネットにより商圏は世界中に広がるため、成り立つのです。

裏を返せば、お金も技術力も限られた副業アフィリエイターは、専門特化しないと勝ち目はないということです。

タイプは大きく2通り

さて、そんなターゲット顧客は大きく分けて二通りと考えられます。

無料コンテンツを探している人
一番よくあるのが、無料の動画(xvideos等)を直接貼付したサイトです。または画像を貼ったりしているのも見かけますね。

これらを求めてくるのは無料コンテンツを探している人ですから、人数としては圧倒的です。そこから有料コンテンツの購入を促すのはハードルが高いので、そこにいろんなコツが必要となってきます。

有料コンテンツを探している人
クオリティの高い有料コンテンツを探してサイトを巡回している人。アフィリエイターにとっては一番いいお客さんですよね。当然、こういう人をターゲットにしたサイトを作れば成約率は非常に高いのですが、やはり絶対的な人数は限られてきますので、そうした人たちが振り向いてくれるような売場作り(サイト作成)が重要です。

有料動画比較サイトなど無数にありますが、その中でもいろいろ工夫をしている人が売上を伸ばしているようです。

続きはこちら