MENU

記事カテゴリ

PANDA

PANDA

地方都市在住の30代サラリーマン。アフィリエイトで稼いで株式投資や仮想通貨投資を実践。

お問い合わせはこちら

無修正画像・動画のアップロードは犯罪!アウトになる基準まとめ

solas-ser / Pixabay

アダルトアフィリエイトを行うためのサイト運営で、気をつけなければならないこと。

まずは、いわゆる「無修正」コンテンツのアップロードである。
これは明確な法律違反

無修正とはどんなものか?
なぜダメなのか?
この記事で解説する。

無修正画像で捕まった人の例

「ちょっとくらい違反しても大丈夫じゃない?」
という人も居ると思うので、実例をあげておく。

まさにこの「無修正画像」を自身のブログにアップロードして逮捕され、ネットニュースになった例である。記事で実名が報じられているが、当ブログの引用においては伏字としている。

FC2ブログでわいせつ画像6万枚公開 容疑で東大阪の55歳男逮捕

 ブログ内にわいせつな画像を保存し、公開したとして、京都府警は23日、わいせつ電磁的記録公然陳列容疑で、大阪府東大阪市の無職、●●●●容疑者(55)を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は平成29年8月22日ごろ、インターネット上に写真などが投稿できるブログサービス「FC2ブログ」内に、女性器などを写したわいせつ画像計9枚を保存し、不特定多数の利用者が閲覧できる状態にしたとしている。

FC2に無修正画像をアップして、逮捕されて実名で報じられる。
これほど恥ずかしいことはないだろう!!!

ネットで検索すればわかるけど、こういうニュースはいくらでもある。
私からすると、「なぜこんな明らかな違法行為を行うのだろう?」と思う。得られるものよりも、失うものの方がはるかに大きいのに。

わいせつ物の定義と適用範囲

無修正画像や動画のアップロードは、「わいせつ電磁的記録公然陳列容疑」に当たる。

わいせつ物については刑法第175条によって禁じられているのだが、これはわいせつ物の「頒布」「販売」「公然と陳列」「販売目的の所持」を禁じている。

日本において、無修正コンテンツを配信するサイトはアウト
また、陳列にあたるのでアップロードすること自体もアウト

ただし、ダウンロードして個人的に保有しておくのは問題ない。
そして、陳列を伴わない「紹介」についても特に問題はないので、無修正サイトをアフィリエイトすることはできるという仕組み。

ちなみにこの「わいせつ物」。
曖昧な表現に感じるかもしれないけど、これは「局部」と考えれば良い。
局部をモザイク等の修正なしでそのまま写していたら「わいせつ物」となる。

海外サーバーならセーフ!?

SBSアフィリエイトDTIなどのASPで扱っている無修正サイトはどうなの?と思うだろう。

なぜああいった無修正サイトが普通に運営されているのか?

このようなサイトは、アメリカの法人が、アメリカにあるサーバーで運営している
アメリカは無修正コンテンツに関して日本のように厳しくないため、合法的に運営されており、上記の「わいせつ物陳列」の罪は適用されない。

これらの無修正サイトは、アメリカのサイトから日本人がダウンロードしているだけ、という解釈。サイト自体全て日本語で登場モデルも日本人という、明らかに日本人の客がターゲットであっても上記の理屈により「セーフ」となる。

ただし、海外サーバーを使っていても、実質日本からアップロードしていたらアウト
会社の所在地よりも、実際にどこでアップロードをしているかが重視される。

FC2動画やFC2ライブで、無修正作品を平気でアップロードしている人も多いが、FC2がアメリカの会社となっていて海外サーバーを利用していても、日本人が日本からアップロードしていたらアウトであり、何人も逮捕されているのを知るべきだ。

無修正コンテンツについて気をつけること

無修正画像・動画がアウトであることは十分わかっただろう。
最後に、意外な落とし穴について記しておく。

まずは、動画埋め込みについて。
海外の動画サイトにある動画を、自身の記事に埋め込んで直接表示を行う場合。
これが無修正動画だった場合、あなたのブログ記事で無修正動画を陳列していることになるのでアウト!

また、アフィリエイトバナーにも注意。
バナーに記載されている画像が無修正だったら・・・アウト!
広告を貼った時はよくても、後から広告を上書きで変えられたらチェックは行き届かないので、不安な場合は、一度バナーをダウンロードした上で自身のブログにアップロードしたほうがいいかもしれない。

このページに書いたことに気をつけて、健全な(?)アダルトアフィリエイトを推進していこう。