DUGA(APEX)とDIGITENTS 単品動画のアフィリエイト報酬の付き方の違い

アダルトアフィリエイト関連の情報収集先のの1つとして時々参考にしている、「アダルトアフィリエイトガイド」さんの最新記事で、単品動画のアフィ報酬の権利獲得条件について書かれていました。

どうやら運営に確認されたらしいです。
私もちょっと勘違いしていたので、勉強になりました、ということで紹介します。

アダルトアフィリエイトには、大きく分けて2種類の広告があります。

まずは「月額動画」もの。
アダルトアフィリで定番の「継続報酬」が得られるタイプですね。解約しない限り課金され続け、その度に報酬がもらえるタイプ。

そしてもう1つ。
PPV。
要するに「単品動画」ものです。
1つの作品ごとに動画を購入するタイプ。
一番有名なのがDMM.comです。

そんな単品系のアダルトもので、私も含めアフィリエイターにおなじみなのが、DUGAとDIGITENTSです。

DUGAは日本の会社によるサービスであり、どんなマニアックなジャンルでもコンテンツに困ることのないくらい多岐に渡った取扱いがウリです。

DUGAの作品はAPEXというASPが扱っているのですが(というより同じ会社です)、単品動画をどう報酬に紐づけているのか?
APEXの説明文を引用します。

アペックスアフィリエイトシステムでは、エンドユーザーがDUGAで無料会員登録または初回の商品購入を行った際に、アクセス元の代理店IDを記録(ひも付け)する仕組みを採用しているため、一度獲得したユーザーの売上は半永久的に当該代理店に還元されます。

例えば、ユーザーが他の月額番組を利用した場合や数ヵ月後にPPVを購入した場合でも、クッキーの有効期限に関係なく、すべてそのユーザーを獲得した代理店の売上となります。

要するに、私が貼った広告から無料登録や初回購入を獲得したユーザーは、その後再びDUGAで購入するたびに私に報酬が入るということです。そのユーザーが、それ以降に私の広告を踏む必要はありません。利用者IDに対してアフィリエイトコードが紐付いているということです。

…となると、囲い込みしたもの勝ちということですね。

一方、DIGITENTS。
「デジテンツ」と読みます。
こちらは海外運営のいわゆる「コンテンツマーケット」、海外サーバーということでかなり過激な、アレな作品が数多くアップされています。素人が投稿できるので尚更ですね。
※なので直接リンクは貼りません

ここについては、私は初回購入しか報酬がつかない、という認識でした。アダルトアフィリエイトガイドさんも同様の認識だったようなのですが、運営に聞いたところどうやら違ったようです。以下引用。

運営に質問をした所、クッキー管理となりますので、ユーザーIDと紐づけているDUGAとは全く違うものですね。別デバイスにて購入をされても、報酬は上がらない形になりますし、パソコン、スマホの買い替え時にも、報酬が切れてしまう形になりますので、イメージとしては近いかもしれませんが、全然別物でした。

初回購入のみではなく、またDUGAの仕組みとも異なり、クッキーで管理されている…と。

クッキーとは、広告をクリックしたユーザーの情報を、一時的にパソコンに記録し、また参照するという機能です。

要するに、私が貼ったDIGITENTSの広告をクリックしたユーザーが、その時は購入せず数日後に再訪して購入した場合。
クッキーにより、WEBブラウザに「私の広告をクリックした」という履歴が記録されているので、私の報酬になるということです。

なので、パソコンが変われば無効。
また私の広告をクリックした後に、他のDIGITENTS広告をクリックしてしまうと記録が上書きされてしまうので、それも無効。

クッキーの保存期間もサイトによりまちまちで(Amazonなんかは24時間しかありません)、そうなるとDIGITENTSの保存期間が気になるところではあります。

なのでDUGAのように、最初に囲い込んでおけばいいというわけではないようです。ということは後発の人にもチャンスがあるということですよね。

DIGITENTSのASPはSBSアフィリエイトなのですが、その辺りもきちんと説明文を書いておけばアフィリエイターのやる気も出るというものですよね。

知らなくてもいいことかもしれませんが、アダルトアフィリエイトでこのロジックを知った上でブログ展開を進めていけば、より有利になるかもしれません。

以上、ご参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です