アダルトアフィリエイトはASPの夜逃げに注意!報酬が支払われない、私の実例紹介

インターネットが普及して20年以上となるが、以前と明らかに違うと感じるのが、さまざまなサイトやサービスのトレンドの移り変わるスパンである。

数年前には一世を風靡したサービスが、もう誰も興味がなくなっており、まさに盛者必衰の世界。WEBでマネタイズをしようとしている人は情報への感度を高めて置いたほうがいい。

そしてそれは、アダルトアフィリエイトの世界も同じで、数年前とはトレンドが変わっていたり、サービス停止していたりするものもザラにある。

当ブログでは、「アダルトアフィリエイトASP一覧」という特集ページでASPを紹介しているけど、この記事では逆に、私がヒドイ目にあったASPを2つ、紹介する

今からわざわざ登録する人もいないかもしれない。
もしここで紹介する広告をまだ貼っているようであれば、それは外して別の広告にしたほうがいいだろう。

Global Cash(グローバルキャッシュ)

海外にサーバーを持ち、海外で運営しているASP。
同じグループで提携サイトも運営していたが、どこまで実際に海外なのかは謎。

老舗のDTISBSより後発で、月額もリーズナブルだったので、私がアダルトアフィリを始めた頃はグローバルキャッシュの広告をかなり使っていた。

2016年頃だったか?
他のサイトから訴えられているという噂が聞こえてきて、動画更新頻度も減ったようだ。

そして2016年末か2017年頭頃から、報酬が支払われなくなった。
ただASPの管理画面にはログインできるけど完全放置状態となり、その後ドメイン期限失効によりアクセスもできなくなり終了!

最後に見た未払い額は2000ドルとか3000ドルとかだったと思う。
もったいないなあと思ったけど、こればっかりは仕方ない。

ちなみに、2014年の記事で、SPA!のアダルトアフィリエイト特集の記事に載っている写真がグローバルキャッシュだった。

懐かしい管理画面。
グローバルキャッシュ閉鎖により涙を飲んだアフィリエイターは多いだろう。

A・C・E(Affiliate Creative Engine)

ここは、まだASPの管理画面はアクセスできるけど、放置状態。
だからこそ、今から登録しないように要注意!

わりとアレなサイトを扱っており、提携サイトの月額も安めでかなり報酬は立ちやすかった印象。
そして、アレな動画を配信して逮捕されたり、アレな動画の配信を予告したところ大きな騒ぎとなり、諸般の事情で中止になったり。

パナマの会社、ということになっていたが、沖縄で逮捕されたというのは報道に出ていたので、実質沖縄の事務所が拠点だったのだろう。

アダルトアフィリエイト界隈でもお騒がせな印象のこのASPのグループ。
2018年後半から送金が止まっている

私は、上記のニュースが流れた時に広告は全て外した。
しかし、その後の継続報酬や2ティア報酬により、今久々にログインして見たら、未送金報酬額が2600ドル!

ドメイン「a-c-engine.com」のWhois情報を見てみると、ドメイン契約満了日が「2019-12-15」となっている。今年の年末にはいよいよ、グローバルキャッシュと同じく期限切れでアクセスできなくなるのかもしれない。

重要!報酬の払い出しは頻繁に!

本来、ビジネス上の取引においては信用情報の確認は不可欠なものだが、アフィリエイトの世界では難しい。
しかも、海外サーバー・海外運営のアダルトASPである。

もちろん長年の実績による安心感といったものはあるが、上記2つとも運営歴も長くなく、ビジネスとしては正直綱渡りだと思う。だからこそこちらができるのは、報酬の請求を頻繁に行うことしかない。

ASPによって仕組みはまちまちだが、
「報酬が指定金額を超えたら送金」であれば金額指定は最小限にしておく。
「手動による請求」であれば、毎月請求する。

振込1回あたりの手数料がかかるので、本来はできる限りためておいてまとめて受け取りたいところだが、上記2社のように逃げてしまうリスクがあるので仕方ないだろう。

お金の部分でのリスクは最小限に抑え、取りっぱぐれを防ぐ。
もちろん、既存の老舗ASPでも同様。
「せっかく頑張って記事を書いたのに!」とならないためにも、これは徹底しておくことをオススメする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です